オススメ映画

映画 [ Pick Up ]

お世話になってるサイト

映画リスト

ABOUT

EFN

Author:EFN
相互リンクもガシガシ募集中です。

efn★mail.goo.ne.jp

★を@に変更して下さい


映画DLについて
動画ダウンロードはVid-dl/DL-Videoで可能です。YouTube, Dailymotion, Veoh, AmebaVision, Stage6, 裏アゲサゲ, GoogleVideo, ニコニコ動画, Yourfilehost, pandora.tvなんでもダウンロード出来ちゃう動画ダウンロード保存支援ツールです。


リンク切れの映画について
当ブログにはリンク切れも多数ございます。新しい記事のものは比較的アップされていると思います。無責任と思われるかもしれませんが、当ブログはリンク切れした記事を修正致しかねます。同じ映画がアップされ次第、紹介させて頂きますので、ご容赦下さい


免責事項
映画ファイルナビゲーター(以下当サイト)は個人的に動画サイトへリンクを張り、見やすいようリスト化してるだけであり著作権の侵害を助長している訳ではありません。動画・音声等全ての知的所有権は著作権・団体に帰属しております。アップロードなどの質問に関しましては紹介先各動画サイトへ直接お問い合わせ下さい。なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても当サイト管理者に責任は及ばないとします。
映画最新情報 test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画リスト
あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

【 --/-- 最新映画はコチラで一覧チェックできます】

映画 ダンス・ウィズ・ウルブズ (字幕)

映画 : ダンス・ウィズ・ウルブズ
【映画】ダンス・ウィズ・ウルブズはこちらで視聴可能です。
ダンス・ウィズ・ウルブズ
動画ダウンロード保存支援ツール
[ Vid-DL ] [ DL-Video ]
見つからない映画はこちらで
動画を確認 AirRanking
 映画 ランキングへ
最新映画速報 >> 映画ランキング
映画視聴は下記よりご覧頂けます
無料映画動画 MEGATUBE / 映画の時間だよ! / 週末映画館 / ドラマ・映画 無料動画視聴局 / ドラマ動画無料視聴YouTube / 無料動画ちゃんねる / 無料見放題WEB / YouTube 洋画 ドラマ 映画 お笑い 無料動画を集めてます

映画 : ダンス・ウィズ・ウルブズ【動画視聴】【映画を探す】
配信元 : FC2動画 ( →→FC2動画ダウンロード解説←← )
公開 : 1991年
時間 : 181分
動画DL&保存は[ Vid-DL ] [ DL-Video ]でどうぞ。
vid-dl DL-Video
◆ご紹介の映画( 洋画邦画 )全ての動画無料で視聴いただけます
【映画】ダンス・ウィズ・ウルブズ
【映画詳細】 【映画を見る】 【動画を見る】 【人気ブログランキング】
【映画視聴】  【映画ダウンロード】  【動画視聴】
映画視聴手順
【映画を探す】 >> 【映画を見る】 >> 【ダウンロード】 >> 【動画視聴】 >> 【映画を確認】

ダンス・ウィズ・ウルブズ』(Dances with Wolves)は1990年のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・主演・製作はケビン・コスナー。第63回アカデミー賞作品賞ならびに第48回ゴールデングローブ賞 作品賞受賞作品である。のちに、「4時間アナザー・ヴァージョン」と呼ばれる全長版が公開されている。>>>RANKING
【映画ダンス・ウィズ・ウルブズ視聴】 【movie】 【click】

bkストーリー
1863年秋、テネシー州は南北戦争の激戦地と化しており、北軍の中尉であったジョン・ダンバーはその中で右足に重傷を負う。その足を切断されると思ったダンバーは意を決して馬を駆り、自殺的行為とも取れる囮となって南軍兵士達の注意を逸らした。その隙を突いた北軍は一斉に進撃を開始し勝利を収めた。その後囮としての功績を称えられ一躍英雄となり、見返りとして自由に勤務地を選ぶ権利を与えられたダンバーは、「失われる前にフロンティアを見ておきたい」とサウスダコタ州のセッジウィック砦への赴任を直訴。見渡す限りの荒野と荒れ果てた「砦」で自給自足の生活を始めた。開拓と食事、そして愛馬のシスコと「トゥー・ソックス(2つの靴下)」と名付けた狼と戯れる生活が続いていたある日、スー族インディアンがシスコを盗みに来たため、ダンバーは銃(全裸)で威嚇して追い払った。自らの集落で「不思議な生活をしている白人がいる」との報告を受けた彼らは、部族の将来のためにもダンバーと接触を試みたほうがよいとの結論を出した。またダンバーもインディアンとの接触を望んだ。翌日、軍服に身を包み星条旗を掲げたダンバーはインディアンの野営地へと向かった。その道中、大怪我を負って倒れている女性と遭遇。インディアンの服装を身に纏っていたがよく見ると彼女の目は青い色をしていた。ダンバーがその女性を助けようとすると彼女は恐怖に震えながら必死に抵抗した。しかし怪我が悪化し意識を失ってしまったため、ダンバーがスー族の集落まで彼女を送り届けた。当初集落の者達は白人に対する先入観からダンバーに不信感を抱き彼を拒絶したが、彼の人柄を見込んだ酋長の計らいで、後日それぞれ「蹴る鳥」「風になびく髪」と呼ばれる二人の男を返礼も兼ねてダンバーの元に遣った。言葉も通じない自分たちを受け容れたうえ精一杯持て成すダンバーに、集落の中心的人物でもある「蹴る鳥」は好感を抱いた。以降、スー族の面々は頻繁に彼の元を訪れ、またダンバーも先住民族である彼らに白人文化を伝えようと試みることで徐々に互いの友好を深めていった。言葉がなかなか通じず、もどかしい思いをしていた双方の通訳を買って出たのは、ダンバーが以前助けた「拳を握って立つ女」と呼ばれる青い目の女性である。彼女は幼いころ、スー族と敵対するポーニー族に家族を殺され逃げ延びたところをスー族に拾われ育てられた。そのため、ダコタ語を問題なく話す一方で、幼いころに身につけていた英語はたどたどしくなっていた。それでも彼女の養父である「蹴る鳥」とダンバーの助けにより意思の疎通が図れるようになった。ある夜、凄まじい物音で目を覚ましたダンバーが外に出てみるとそこにはバッファローの大群が群れを成して移動していた。バッファローはスー族にとって命の糧である。ダンバーは急いでスー族に報告。スー族は歓喜に沸き、目撃者であるダンバーは一躍彼らの知るところとなった。翌朝ダンバーはスー族と共に狩りに出た。毛皮と角だけ剥ぎ取り死体を放置する白人の暴挙に心を痛めながらも、神聖な儀式でもあるスー族様式の狩りに参加する中でダンバーは今まで感じたことのない安らぎを覚えるとともに自分とはどんな存在であるかということに目覚めていく。交流を深める中でダンバーは「拳を握って立つ女」を愛し、また彼女もダンバーを愛し始めていた。しかし「拳を握って立つ女」は前の夫を殺された後から喪に服していたため仲間の前で想いを悟られないように努めていた。それに気づいた養母は「蹴る鳥」に、「拳を握って立つ女」がダンバーと深く愛し合えるように彼女の喪を明けさせることを提案。「蹴る鳥」も快諾しやがてダンバーと「拳を握って立つ女」は結婚し自らのティピーも授かった。さらに、ダンバーは部族民同様に「シュンカマニトゥタンカ・オブワチ(「狼と踊る男」。砦でトゥー・ソックスがダンバーに戯れていたところを、スー族の男に目撃されたことから)」というインディアン名までもらい、スー族の一員となると同時に一人の人間としての誇りを取り戻す。やがて冬が到来し、山籠りするために集落を移動する日が来た。しかし、ダンバーはスー族の足取りを白人に知られないよう、日々の出来事を克明に記録した日記を取りにひとりセッジウィック砦に戻った。ところが砦には既に嘗て自らが所属した騎兵隊が大挙しており、インディアンの服装を身に纏っていたダンバーは狙撃され捕虜となってしまう。騎兵隊出身であるということを明かしたダンバーに対し騎兵隊は反逆者として処刑を宣告する。なかなか帰って来ないダンバーの身を案じたスー族の戦士たちがダンバーを捜索すると、彼を護送する馬車を発見。奇襲攻撃を仕掛け、ダンバーの命は救われた。しかし、インディアンの大量虐殺を目論む合衆国軍は目前まで迫っていた。これ以上仲間たちに迷惑をかけるわけにはいかないと感じたダンバーは、別れを惜しむスー族に背を向けながら愛する妻を伴って雪山の奥深くへと分け入っていった。>>>RANKING
【 映画 ダンス・ウィズ・ウルブズ 】 を視聴する。
クリック応援よろしくお願いします!!(σ゚∀゚)σ
AirRanking 映画 ランキングへ

v1解説
南北戦争時代のフロンティアを舞台に、スー族の女性と愛し合いインディアンと共に生きた元北軍中尉の、数奇な運命と大自然との交感を壮大なスケールで描くエコロジー西部劇。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイク・エバーツ、製作はジム・ウィルソンとケヴィン・コスナー、脚本は原作者のマイケル・ブレーク、撮影はディーン・セムラー、音楽はジョン・バリーが担当。「フィールド・オブ・ドリームス」のケヴィン・コスナーの初監督作品。出演はケヴィン・コスナー、メアリー・マクドネルほか。>>>RANKING
【 映画 ダンス・ウィズ・ウルブズ 】 をダウンロードする。
dp出演
ケヴィン・コスナー (Lieutenant Dunbar Dances with Wolves)
メアリー・マクドネル (Stands with Fist)
グラハム・グリーン (Kicking Bird)
ロドニー・A・グラント (Wind in His Hair)
Floyd Red Crow Westerman (Ten Bears)
ロバート・パストレリ (Timmons)
dp監督
ケヴィン・コスナー

映画が視聴できない場合掲載元で動画が消された可能性があります
◆消された動画AIRランキングブログランキングで見つかるかもしれません

ダンス・ウィズ・ウルブス [Blu-ray]を購入する

【映画を探す】  【映画を見る】  【動画を探す】  【ランキング動画】
【人気動画】  【動画ダウンロード】  【邦画を見る】
【動画を視聴する】【click】
ダンス・ウィズ・ウルブズが視聴できない場合の予備リンク先
ブログパーツ
関連記事

映画リスト
あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

【 05/06 最新映画はコチラで一覧チェックできます】
映画 洋画 邦画 動画 無料


bana オススメbana

タグクラウド

浦山桐郎 ナイジェル・コール デヴィッド・ドブキン マイク・ミッチェル セシル・ドゥ・フランス クレイグ・ブリュワー マレク・カニエフスカ ライアン・レイノルズ ダン・フォグラー フランク・オズ 呉美保 小林薫 スティーブン・ストレイト マリオン・コティヤール ジェームズ・マースデン 北乃きい古厩智之 YAMAKASI 矢部浩之 ナンシー・マイヤーズ ロバート・ベン・ガラント ジョエル・シューマッカー アビゲイル・ブレスリン ジョン・ダール アレック・ケシシアン クリストフ・ガンズ アマンダ・サイフリッド 古厩智之 アンドリュー・デイヴィス 金子賢 ピーター・フェイマン ピーター・チェルソム アントン・コービン ミカ・スロート 福徳秀介 ジェニファー・アニストン リー・アンクリッチ スティーヴン・ギャガン エイドリアン・ポール パオロ・ボナチェリ キーラン・カルキン トミー・オヘイバー ジュリアン・モーリー ホ・ジノ キム・ハンター トリート・ウィリアムズ D・J・カルーソ リック・ファミュイワ サイモン・ハンター ウォーレン・ベイティ レオス・カラックス ミレージャ・パスクアル シルヴァン・ホワイト ARATA シャロン・マグワイア 平山あや ブラッドリー・クーパー オル・パーカー 小中和哉 ジョエル・シュマッカー アーロン・ジョンソン ジェニファー・ティリー 宮繁之 リンダ・ブレア ジュリアン・シュナーベル M・X・オバアーグ サラ・ジェシカ・パーカー ポール・ワイツ ユ・スンホ 向井理 クリストファー・ローファード ナディア・ビョーリン ジョナサン・クロンビー ジョニー・メスナー イーサン・コーエン カトリーヌ・ドヌーヴ キット・ライアン パトリック・スチュワート ガボア・クスポ リー・ダニエルズ ゴールディ・ホーン 志穂美悦子 ロバート・シェイ マイケル・キートン ダグ・E・ダグ スティーヴ・クーガン 原沙知絵 ナンシー・メイヤーズ トム・フォード ジョナス・アカーランド 押井守 サム・ファーステンバーグ 山崎一 ジョエル・シルバーグ ケヴィン・グルタート キム・ジニョン ピート・ポスルスウェイト 松岡俊介 スティーヴ・マーティン ピーター・マクニコル キム・テギュン 水田伸生 宮迫博之 シャルト・コプリー J・A・バヨナ 永山絢斗 ジャック・タチ 細田守 キム・ヒソン 山本耕史 ゾーイ・サルダナ 国分太一 アレックス・エテル コリン・ファース セス・グロスマン ウォルフガング・ペーターゼン レティシア・コロンバニ フランシス・ローレンス ブレンダン・フレイザー 藤原啓治 リチャード・ジェンキンス ジャスティン・チャドウィック アリエル・ケベル オーレン・ペリ ランドル・ウィリアム・クック ジェシー・アイゼンバーグ ジェイムズ・アイヴォリー 速水もこみち 宮崎吾朗 バリー・レビンソン ケヴィン・リマ J・リー・トンプソン パイパー・ペラーボ 菅原浩志 タラ・フィッツジェラルド マイリー・サイラス マギー・Q クリス・メッシーナ ジョン・ハリソン デビッド・マクナリー 佐田真由美 水原希子 ジェームズ・コーデン 優香 西山茉希 長島一茂 宮本信子 アダム・グリーン 蜷川幸雄 ハ・ジョンウ アリエル・ゼトゥン ブラッドリー・レイモンド 本上まなみ アナベラ・シオラ 谷口正晃 ダニー・クローヴァー テイラー・ハックフォード ロン・パールマン J・リー・トンプソン シェカール・カプール ジェシー・ネルソン マーク・ウェブ 橋口亮輔 AMIY 大森寿美男 コリン・ハンクス ジェシ・ブラッドフォード ミーガン・フォローズ レニー・ゼルウィガー ぺネロぺ・クルス アンディ・チェン アントニオ・ガルシア アナ・ケンドリック 北大路欣也 石黒英雄 カール・フランクリン 太田光 ジェニー・ライト リー・ラスムッセン ローナ・ミトラ D・J・カルーソー モニーク・メルキューレ ノラ・ジョーンズ マルセル・カミュ 佐藤純弥 キャサリン・ハイグル クリスティン・ベル ボブ・ジラルディ ミヒャエル・ハネケ ジーナ・ローランズ レミー・ジラール 篠原俊哉 ロディ・マクドウォール 柴田恭兵 ウィル・ケンプ 田中誠 スティーヴン・セガール トム・ヴォーン マルコムX サニー・メイブリー 宮野雅之 ウェイン・クラマー ポール・トーマス・アンダーソン ポール・ボガート イーキン・チェン シリル・ラファエリ 野波麻帆 マイケル・パトリック・ボードマン ハラルド・ズワルト マシュー・ホーン ギャレット・ヘドランド ジョン・アヴネット アントワン・フークア ジョン・ラッセンホップ 小木博明 城定秀夫 西村修 林嶺東 オーウェン・ウィルソン ドゥニ・アルカン ヤラ・シャヒディ ブライアン・レヴァント トラン・アン・ユン 草剛 クリス・パイン マイケル・ピット グレッグ・ストラウス ドン・マーレー クリスティーナ・ミリアン トム・ホランド ジェイク・ギレンホール 小出早織 ハンス・カノーザ ニール・マーシャル 坂井真紀 デイヴィッド・ワード タデッセ・メスケラ 緒方明 ジャン=ピエール・ジュネ シェリー・デュヴァル ロバート・レッドフォード チャールズ・ストーン三世 アンディー・ジョーンズ 片岡愛之助 ジョナサン・リース・マイヤーズ アンジェイ・バートコウィアク ケヴィン・レイノルズ ジョニー・トー サファイア・ボイス ポール・シュレイダー バリー・レヴィンソン リー・エヴァンス ドワイト・リトル 伊丹十三 とよた真帆 板尾創路 ピーター・ファレリー イザベル・ユペール パトリシア・クラークソン ケリー・ラッセル 片岡進之助 平山秀幸 クリスチャン・スレイター ジュリー・アン・ロビンソン 吉高由里子 ベン・ウィショー ブランコ・ジュリッチ 永山耕三 大島渚 マシュー・ヴォーン 西村了 スティーヴン・ドーフ フランソワ・シュニエ ジョージ・A・ロメロ DMX テリー・ペート アレクサンダー・グラジンスキー マイケル・J・ホワイト ビーバン・キドロン クリス・エヴァンス タチアナ・マズラニー 片桐はいり 大友啓史 ニック・パーク 長沼誠 ショーン・アシュモア ヤン・クーネン クリスチャン・トーマス・ハウエル 勝地涼 デニス・スクロプファー トム・シャドヤック 入江悠 ジョージ・スティーヴンス ジェフリー・エアンド スティーヴ・ボックス 坂口博信 エマニュエル・ベアール ポール・ベタニー 駒木根隆介 デイヴィッド・ウィンクラー 佐藤寿保 チャールズ・ロートン クリス・ケンティス ベット・ミドラー アレックス・ペティファー アンディ・ウォーホール マーク・スティーヴン・ジョンソン ミケーラ・チェスコン エマニュエル・セニエ ミシェル・ファイファー ブラッド・ターナー ホセ・ルイス・クエルダ ジャン=フランソワ・リシェ ベン・コッチオ バーバラ・デネック ジュリア・チャイルド ミゲル・サポクニック ジョナサン・リース=マイヤーズ デヴィッド・R・エリス ジェイソン・ライトマン パム・グリア シルベスター・スタローン マーク・ドネイト 鶴見辰吾 増田敏彦 磯山さやか マチュー・アマルリック ジョン・ハーツフェルド 永田琴 ジョナサン・シェア ロバート・ダウニーJr. ディーン・パリソット 石橋凌 グレン・フィカーラ ショーン・マッギンリー 中尾明慶 ジェリー・オコネル デヴィッド・S・ゴイヤー マーティン・マクドナー エリック・ツァン クリス・クリストファーソン チェ・ミンシク イ・シミョン マブルク・エル・メクリ メラニー・リンスキー 土井裕泰 ジャック・スキャンロン デイヴィッド・スレイド ロバート・アラン・アッカーマン マイケル・セラシン ショー・コスギ ケイシャ・キャッスル=ヒューズ ジョン・キャンディ モンキー・パンチ クリス・クライン クリストファー・スミス コートニー・コックス 篠崎誠 ケヴィン・ゼガーズ トーマス・ジェーン 西河克己 スティーブン・ソマーズ パトリス・ルコント アビー・コーニッシュ 菅原比呂志 ケイン・ホッダー フィリップ・クァスト エミール・ドゥ・ラ・ペリエール ジェフ・ゴールドブラム アレッサンドロ・ガスマン 萩原聖人 西條三恵 酒井法子 ノエル・ノセック ダニー・トレホ ショーン・パトウィー 磯村一路 トム・シャドウイック スパイク・ジョーンズ スチュアート・ラフィル ロバート・ハーマン 矢島晶子 アート・カーニー グラント・ヘスロヴ オリバー・ヒルシュビーゲル クリス・オニール レイチェル・マイナー 浜美枝 ヴィットリオ・デ・シーカ テッド・ポスト アリソン・パラディ ケラリーノ・サンドロヴィッチ ニール・ブロムカンプ アレクシス・ブレデル 千葉真一 レナ・ヘディ ジュリアン・グローヴァー ノア・リンガー ジョシュ・ハッチャーソン ヴァネッサ・レッドグレイヴ 萩原健一 ゴードン・チャン ヘレン・ミレン ジョナサン・リス・マイヤーズ クリストファー・ロイド ニコラス・ハイトナー エヴァ・メンデス ローラ・ダーン 井上芳雄 ベルナルド・ベルトルッチ 後藤淳平 サナ・レイサン 津川雅彦 アンバー・ヴァレッタ 吉田大八 レネ・ビトラヤツ ジェシー・メトカーフ キム・ウルブン ジョー・ドン・ベイカー サンドラ・ネットルベック 武井証 ショーン・ガレット マーク・オズボーン 名波はるか サンドラ・サマルティーノ 中島貞夫 ニルス・ミュラー 大森南朋 南明奈 ミケルティ・ウィリアムソン 納谷悟朗 山田悠介 前田吟 ケイディ・ストリックランド ウッディ・アレン クロード・ベリ クロエ・モレンツ 守屋健太郎 伊東四朗 バーバラ・ハーシー マリ=ジョゼ・クローズ ウェイン・ワン ヴィンセント・ウォード ジェイク・ウェバー アンディ・ラウベニー・チャン トム・スケリット アントン・イェルティン アンドレス・パソス 藤谷文子 リリー・フランキー ミア・ワシコウスカ ポール・マザースキー ラウィリ・パラテーン アミノテツロ ジェームズ・フランコ スーザン・ストローマン フランシス・マクドーマンド ジェーン・シーモア クリストファー・ケイン グレッグ・ヘンリー マイケル・J・フォックス 松岡錠司 ハリー・ディーン・スタントン クロード・エイキンズ クリス・ウィリアムズ マイケル・パレ ジョエル&イーサン・コーエン ジョン・ハナ アレッシオ・ボー二 フィリップ・ノワレ ジーナ・デイヴィス ロネ・シェルフィグ 今井美樹 クリフ・ロバートソン マイク水野 ブルック・ネヴィン デヴィッド・スレイド リチャード・ラグラヴェネーズ パトリック・ルシエ アラン・J・パクラ ジョナサン・デミ ケビン・スミス 市川由衣 ミシェール・キング ケヴィン・サリヴァン ケイト・ベッキンセイル ロビン・ダン C・ジェイ・コックス スティーブ・サンドヴォス ベティナ・オベルリ ポール・テリー アダム・ガルシア ジャン=ユーグ・アングラード ロラ・ドゥエニャス モルジャーナ・アラウィ ジュリアン・ジャロルド クリストファー・リーヴ 小林稔侍 ゲイリー・ロス フレッド・ウルフ ソワン・イブラヒム ジャン=ジャック・ベネックス マッコイ斎藤 三城真一 EXILE カルヴィン・ロバートソン エイドリアン・ブロディ ミシェル・ブラン ジョセフ・マゼロ 杉井ギサブロー 上戸彩 チャ・テヒョン アンドレ・クーチェック マライア・キャリー ローガン・ラーマン 田沢幸治 レブ・ブラドッグ Rain(ピ) シガーニー・ウィーバー 及川中 ザック・ヘルム ギャヴィン・フッド ジョー・カーナハン ネイサン・レイン 要潤 プレスリー・チュエニヤハエ ペドロ・アルモドバル ジャスティン・ティンバーレイク コンスタンス・タワーズ ダニエル・リー エミリー・ブラウニング 榊英雄 クリス・クーパー アレックス・デ・ラ・イグレシア コンラッド・ヴァーノン デヴィッド・バワーズ ハワード・マケイン ライアノン・レイ・ワイリン ジェイ・バルチェル 横浜聡子 トム・フーパー ブレノ・メロ 室井滋 ジャウム・コレット=セラ オリビア・ワイルド ジョエル・コーエン ジョー・ダンテ ロバート・アルトマン ブラッド・シルバーリング 井上春生 若松節朗 ダヴィ・シアリ サンドリーヌ・ボネール ジェーン・マーチ ソン・ガンホ ソニン グスターヴォ・フリジェーリオ 加藤和樹 テオ・アンゲロプロス ジョン・グレン アルバート・ホフマン フィル・クレイドン ミッシェル・トリロ トニーゴールドウィン 加護亜依 佐藤慶 ミレーヌ・ジャンパノイ レア・プール 大村学 ネイサン・フィリップス ヴァネッサ・フェルリト 前田愛 デヴィッド・トゥーヒー アンドレ・ウィルムス ARATA ジェームズ・マカヴォイ フェリシティ・ハフマン マックジー マックス・フォン・シドー 稲森いずみ ピーター&マイケル・スピエリッグ ジョン・C・ライリー 井坂聡 佐伯日菜子 ティモシー・ダルトン キャリー・カークパトリック クレア・フォーラニ ジェレミー・ノーサム 小池栄子 小林義則 ロブ・レターマン ジェニファー・ローレンス キャサリン・キーナー エドワード・ファーロング ドスタンリー・キューブリック イザベル・ブレ デヴィッド・イェーツ メソッド・マン スタン・レイサン 真木よう子 岩下志麻 アダム・シャンクマン ZOLA クリス・ナオン フレディー・ハイモア マーク・フランシス エイサ・バターフィールド ジョセフ・コシンスキー デヴォン青木 アラン・スミシー クリストフ・ヴァルツ ロッド・テイラー イザック・ド・バンコレ ネーブ・キャンベル 宇津井健 ルシール・アザリロヴィック スコット・ヒックス ローガン・マーシャル=グリーン デブラ・ウィンガー 中原俊 ジュリー・パウエル ハーレー・コクリス ジム・アイザック ジュリー・ウォルターズ 松下由樹 満島ひかり ジャック・ペラン キム・ビョル ティア・レオーニ カリン・クサマ 古舘伊知郎 アレックス・コックス レイ・ドーン・チョン 渥美清 ケイティ・ホームズ デヴィッド・ドゥカヴニー キーラ・ナイトレイニック・ハム アンディ・マクダウェル クリス・ヌーナン デーヴ・パテール 織田裕二 アンドリュー・バーグマン 三宅隆太 アントン・イェルチン 冨永昌敬 ロバート・ダウニー・Jr ジョナサン・ジャクソン 岩城滉一 キャリスタ・フロックハート ドリュー・ドゥードル 窪田崇 ジェシー・ディラン ベアトリス・ダル 後藤久美子 ルー大柴 オーランド・ジョーンズ トーマス・アルフレッドソン モンス・モーリンド ジェフ・レンフロー ジョン・ファヴロー ヴァネッサ・ハジェンズ 大河元気 りんたろう 相米慎二 ザカリー・ベネット ナタリー・プレス マイケル・クラーク・ダンカン 関口現 山田康雄 武正晴 山城新伍 大谷太郎 ハロルド・ベッカー 加藤つかさ ギジェルモ・アリアガ アレックス・マーキン ザ・ガード・ブラザーズ アレクサンダー・ペイン ボヤナ・ノヴァコヴィッチ ウェス・クレイヴン ケビン・マイケル・リチャードソン 殿勝秀樹 F・ゲイリー・グレイ スティーヴ・カレル ロブ・ライナー ならはしみき ルトガー・ハウアー シャンテル・ヴァンサンテン ヒュー・ウィルソン ダグラス・トランブル バイロン・ハワード ブラッドレイ・クーパー 英勉 矢野博之 増山江威子 トファー・グレイス ダニー・ブーン アレクサンダー・ウィット 中村蒼 ヴィセラス・レオン・シャノン 北乃きい テイ・ディグス 青山倫子 スティーヴン・J・アンダーソン エリック・バナ ジェイミー・チャン スティーブン・ダルドリー ポール・ホーガン J・J・エイブラムス ジェイ・ラッセル アンソニー・バリル リュック・テュイリエ 林海象 ジョン・リー・ハンコック スティーヴ・"リップス"・クドロー 沖田修一 ハーヴェイ・ファイアスティン アラン・ラッド ポン・ジュノ ジョン・エリック・ドゥードル マイケル・シュローダー ニキータ・ミハルコフ 鶴橋康夫 ブラザートム ゲイリー・シニーズ ピーター・ヘッジズ キム・サンギョン 吉田恵輔 ロザリオ・ドーソン ロブ・コーエン チョン・ジヒョン ロニー・ユー フアン・パブロ・レベージャ ジェームズ・ガーナー ダニー・デヴィート マイケル・マカティア ネッド・ビーティ マイケル・シーン NOKKO ジャレッド・ヘス ジョゼフ・ゴードン=レヴィット アンドリュー・マッカーシー 山口百恵 ウォシャウスキー兄弟 エヴァ・グリーン 蔵下穂波 宇恵和昭 松本花奈 ジャルジャル ジャクリーヌ・ル・コンテ みひろ ブランチャード・ライアン ワタナベシンイチ 柳浩太郎 中江裕司 高橋伴明 コーレ・ヘーデブラント ジーン・アーサー マーク・ローレンス マイケル・シャノン リーナ・レアンデション ダニス・タノヴィッチ ランダル・ウォレス ダンテ・ラム ファン・ビンビン ニック・キャノン バフマン・ゴバディ リアム・ヘムズワース アンバー・ハード ブノワ・マジメル 安室奈美恵 パヴェル・パヴリコフスキー デイヴィッド・クローネンバーク シュー・チャオ カミーラ・ベル ジャック・ドゥミ SABU 波多野貴文 スティーブン・ホプキンス 大谷健太郎 ジェマ・アータートン デブラ・グラニク グレゴール・ジョーダン ペニー・マーシャル ぺ・ドゥナ ケン・カージンガー スキャンダー・ケインズ 河合龍之介 吉永小百合 テレンス・スタンプ 浅丘ルリ子 レニー・クラヴィッツ バリー・ウォン クリスチャン・ベイヤース イーライ・ロス コリン・ストラウス マルチェロ・マストロヤンニ イ・ジョンヒャン ペ・ドゥナ 若松孝二 LLクールJ キム・ヘジャ 隅田靖 観月ありさ ピーター・マクドナルド クリスチャン・デュゲイ キャリー=アン・モス グ・スーヨン 赤西仁 リンダ・コズラウスキー マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ ソフィア・ローレン クィントン・アーロン 出崎統 ジョージ・P・コスマトス アレン・ヒューズ ダニエル・マイリック 寺内幸太郎 ダニエル・トンプソン 平泉成 マーク・ディッペ 角川春樹 サエコ 益子昌一 マイケル・アリアス サミュエル・L・ジャクソン ティボー・タカクス マノエル・デ・オリヴェイラ ルイス・オーウェン・マクギボン チョン・ジウ ゲイリー・ウィニック 提幸彦 ちすん ローレン・ホリー レイチェル・マクアダムス 五社英雄 パク・チャヌク ニック・カサヴェテス クリス・ロック ジーナ・ガーション ウォルト・ベッカー フランソワ・オゾン 鈴木卓爾 D・J・カルーソー スキート・ウールリッチ クリス・カーマック ロバート・イングランド ピーター・デル・モンテ 佐々木詳太 ジョン・マッデン ステファン・エリオット ヤノット・シュワルツ アン・フレッチャー 岡田将生 レイ・メイフィールド ジャン=ピエール・ジュネ 中川翔子 吉瀬美智子 村川透 ナインティナイン ケニー・オルテガ ロジャー・カンプル イライジャ・ウッド キャリー・マリガン アンネマリー・デューリンガー ドニ・ラヴァン 中山美穂 エレン・ペイジ キーファー・サザーランド セス・ローゲン スコット・スチュワート シルヴィー・テステュー ザック・エフロン ウィリアム・フリードキン H・G・ウェルズ ダコタ・ブルー・リチャーズ イザベル・ルノー カーク・ウォン ミーガン・ブレイク エディソン・チャン ジェフ・ブリッジス メナヘム・ゴーラン 和田聰宏 デヴィッド・ヒューバンド マイケル・デイヴィス サイモン・ウェスト ダンカン・タッカー キム・ヨンナム 鎌苅健太 ポール・グリーングラス ジュリー・ベルトゥチェリ ユン・チウ MORI マックG 木村多江 ロビン・オウベール アルバート・フィニー モニカ・キーナ レスリー・ビブ ルディ・ヤングブラッド ブラッド・レンフロ ギレルモ・デル・トロ パスカル・ロジェ 今井和久 仲里依紗 石橋冠 マヌエル・ロサノ 鈴木清順 ケイティー・フェザーストン ジョン・ゲッツ ホイト・イエットマン ミニー・ドライバー イ・サンハク 錦戸亮 アリダ・ヴァリ フィリップ・G・アトウェル クロード・ルルーシュ ダニー・ロイ 高橋克典 大林宣彦 スザンヌ・プレシェット フランク・トゥルオン ウェス・ラムジー ホイットニー・ヒューストン 西島隆弘 岡田真澄 ともさかりえ 生田斗真 トレイシー・モーガン ジョニーデップ レス・メイフィールド ダヴィッド・ベル ガボレイ・シディベ ジョナサン・リーベスマン ボビー・カンポ ウィル・フェレル リチャード・クレイボー クリス・マッソグリア ドン・テイラー 泉徳宏 小林武史 サモ・ハン 安里麻里 シュテファニー・グラーザー デイヴィッド・ザヤス ブルース・ジョエル・ルービン 井筒和幸 草なぎ剛 村上知子 フローリア・シジスモンディ 白石美帆 相武紗季 ジェラール・ピレス ノーマン・ジュイソン クリス・ワイツ マルペッサ・ドーン スコッティ・トンプソン マリアム・ダボ エリック・ストルツ 福田陽平 ローランド・ジョフェ レオン・カーフェイ ダニエル・トラヴィス ニキ・カーロ アンジェラ・ジョーンズ 山口達也 チョン・ドヨン レッドマン ポール・ラッド フェルナンド・フェルナン・ゴメス hiro イアン・マイケル・スミス クリス・ウェイラス クロエ・ウィンケル 尾上菊之助 シェーン・アッカー クレア・フォラーニ チャン・グンソク ロバート・ルケティック アレクサンドル・バスティロ エステール・ゴランタン ジョニー・アリディ 石井裕也 ロベルト・シュヴェンケ ドミニク・クーパー フーベルト・ザウパー アンドレ・デュソリエ ジョン・ローン ロドリゴ・ガルシア ジェームズ・L・ブルックス ジョセフ・ジトー シャルロット・ゲンズブール デヴィッド・アンスポー ジャド・アパトー ラルフ・ネルソン ジャン=クロード・ヴァン・ダム チャニング・テイタム ニコラ・フィリベール アレハンドロ・アグレスティ スティーブン・パスカル マーク・ハーマン 



アクセスランキング(15days)

アクセスランキング
当サイトへリンクされますと、どなたでもこちらのアクセスランキングに参加できます。

映画名で検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。